一人娘

SMO-1083
価格:
670円(税抜)
数量:

    甘みがあり薄緑色が特徴 サラダや煮込み料理に

    一人娘のように大事に育てられたことから名の付いた青大豆。 甘みがあり薄緑色が特徴の青大豆で、茹でると味も色味も優しく仕上がります。 軽井沢の酢重レストランをはじめ、酢重ダイニング各店のメニュー「信州豆と葉野菜のサラダ」にも使用しています。

    一人娘を使った信州豆と葉野菜のサラダのイメージ画像

    一人娘 おすすめの使い方

    まずは塩茹をお試しください。お好みで、茹であがりに少しの醤油や生姜などと、一緒にお召し上がりください。 また薄口醤油やみりんを加えただし汁に一晩浸したり、ご飯と一緒に炊き込んだり、ドレッシングとの相性がよいので様々なサラダに混ぜたりと、幅広くご活用いただけます。

    くらかけ豆の塩茹のイメージ画像

    くらかけ豆 茹で方

    1. 豆を3〜5倍の水に浸して一晩置いて戻す。
    2. 戻した豆をたっぷりの水と合わせ、塩を適量加えて火にかける。(目安 約50g)
    3. 沸騰したら豆が躍るくらいに火を弱めて柔らかくなるまで炊く。(目安 約15分)
    水かさが無くなってきたら湯を足して、柔らかくなったら湯から徐々に水にする。(急な温度変化でしわが寄ってしまう為)

    名称 一人娘(ひとりむすめ)
    原材料名 一人娘(長野県産)
    内容量 300g
    賞味期限 製造日から1年6ヶ月

    この商品をシェアする